プログラミングで食べていく。

高校中退 > 色々な仕事 > フリーランスのプログラマー。学習方法、就職、仕事の工夫を紹介します。

未経験から、プログラマーとして就職するまでのお勧めルート

基本的な流れ

  • 基礎知識を学ぶ。
  • アプリ、Webサービス等を作成する。
  • 求人に応募して、面接に行く。

基礎知識を学ぶ

未経験者が無駄なく学ぶために。

分からない時に詳しい人に聞ける環境をつくる。

  • メンター、個人の家庭教師的な人を探すことを進める。
    • MENTAというサイトでプログラミング関連の質問ができる先生を探せます。有料です。
  • プログラミングスクールで数十万円を使うと、合わない時に外に乗り換えることが金銭的に難しくなりそう。

良質、低価格な教材(書籍、Webサイト)

Webサイト

  • Progate

    • イラスト形式のスライドで学習できます。
    • プログラムを少しずつ書きながら進められます。
  • ドットインストール

    • 3分程度の動画で学習できます。
    • 動画が分かりやすいです。
  • とほほのWWW入門

    • 様々なプログラミング言語の基礎知識が網羅的に紹介されています。
    • 最初の教材というよりは、分からないことがあったら辞書的に調べる際に利用するのがいいと思います。

書籍

  • 入門用の書籍をAmazonで探す。
  • 評判の良さそうなものを1分野に3冊くらい買って、理解しやすいもので学習を進める。

自分でアプリ、Webサービスを作成する。

何を作ればいいか。

具体的に作りたいものがある人

  • 作りたいものを作ってみるのがいいと思います。
  • ただ、「技術的に可能なのか」、「どのくらいの時間がかかりそうか」は ある程度の経験があるプログラマーに聞いてみるといいと思います。 考えているすべての機能を作れなくても、部分的には作れそうだったり、 現実的な実現方法をアドバイスしてもらえると進めやすいです。

作りたいものがない人

  • 有名なサービス、使い慣れているサービスをベースにして作りといいです。 例えば Twitter,Facebook,匿名掲示板 のようなものです。 「匿名掲示板 + ○○」のように別のテーマと混ぜると、 オリジナル性が出てきます。 「匿名掲示板 + 釣りが好きな人限定」のように。

求人に応募して面接に行く。

履歴書に書くこと

  • 学習した内容、作ったプログラムの紹介を記載して下さい。
  • 作成したプログラムを githubにアップして、採用担当社が閲覧できるようにするといいです。 (githubとはプログラムを共有するサービスです。git,githubの解説は省きます。)

おすすめの求人サービス「Wantedly

  • IT系の会社の求人がたくさん集まっています。
  • 採用の難易度の高いところから、そうでないところまで幅広い会社の情報が掲載されています。

実務経験がない人が経験しそうな流れ

  1. 自社サービスを開発している会社の求人に応募する。
  2. 返信が来ない。もしくは不採用のメッセージが届く。
  3. 「未経験者歓迎!」みたいな求人を見ると大半が、受託開発、SES(技術者派遣)の会社。
  4. 受託開発、SES系の会社にいくつか応募すると、面接に呼ばれる。

実務経験のない人が最初から、人気のある企業で働くことは難しいです。 有名大学を卒業していたり、大学の情報系の学部を卒業していたりすると可能性が十分あります。 未経験でも採用してもられる会社に就職して、実力がついたら転職を狙う方法を考えてもいいかもしれません。