プログラミングで食べていく。

高校中退 > 色々な仕事 > フリーランスのプログラマー。学習方法、就職、仕事の工夫を紹介します。

実務未経験の人が面接で見られるポイント。どんな準備をすればいいか。

実務未経験の人を採用する際にどんなポイントを見られるか、 どんな準備をしている人が採用されやすいか、整理しました。

見られるポイント

  • ある程度のサイズのプログラムが書けること
    • アウトプットを見て確認する
  • 技術的な基礎知識
  • 学習意欲、能力。
  • コミュニケーション、人間性

一人で作ったアプリ、Webシステム等の成果物(ポートフォリオ)があるか。

  • ある程度のサイズのプログラムが書けることを確認したい。
  • できれば、クライアント + サーバーサイド

プログラミング以外の基礎的な分野の知識

  • インターネットの仕組み
  • アルゴリズム
  • 一般的なサービスのシステム構成(サーバーサイド、クライアントサイド、ネットワーク)
  • メモリ、ハードディスク、CPUの役割。

未経験の分野でも学習・調査する力があるか。

  • どんなことをどうやって学習してきたか面接で聞く。

    • 特に、分からないことをどうやって解決してきたか聞く。
    • 自分で調べることに慣れているといい。
  • この部分は学歴も指標にする。

    • 独学できるか、机に向かう習慣があるか、基準になる。

コミュニケーション、人間性に問題がないか

  • 聞かれた質問にまっすぐ答えられるか。

    • 例: ○○の勉強はどのくらいの時間やった?
      • 「1日○○時間*3ヶ月です。」のように結論をシンプルに話せるか。
      • 「1年前から、勉強を初めて、3ヶ月やって、1ヶ月間は仕事が忙しくて中断して。。。」のように無駄な言葉が多いのはNG。
  • 自分を大きく見せるよう言い方をしないか。

    • 嘘をついたり、失敗を隠すような人でないか。
    • 自分より経験のある人にとって、多少の嘘はすぐに分かります。
    • 変に大きく見せようとしないほうが良いです。